検索
閉じる
予想が“外れる”ワケ判明!?天気予報とことん活用SP
その他

予想が“外れる”ワケ判明!?天気予報とことん活用SP

2021年12月15日(水)午後7時30分
2021年12月22日(水)午後3時10分
NHK+(プラス)番組配信中 NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

毎日のお洗濯やお出かけの前にお世話になる「天気予報」。年々進化を感じる一方、「降らないと聞いていたのに雨が…」、「週間予報を頼りに週末の予約をしたのに、いつの間にか予報が変わっていた…」なんて経験ありませんか?一体どうして“外れ予報”が無くならないのか…今回、ガッテンでは人が天気予報をどう見ているかを観察し、ちょっとしたドッキリ実験を仕掛けました。すると、「天気予報の見方」にまさかの落とし穴を発見!予報をちゃんと活用できるようになると“外れ”で困ることも減らせるし、なんと虹を見つける方法までわかっちゃいます!毎日がより楽しくなる天気予報の活用法をドドーンと大公開!

今回のお役立ち情報
01

降水確率何%から傘は持つべき?一般人と気象予報士で意見が真っ二つ!

天気予報で多くの人が参考にする「降水確率」。実は一般の方と気象予報士の人とでは、その捉え方が全く違うんです!試しに、「降水確率30%の予報で、傘を持っていくか?」という質問を一般の方に聞いてみたところ、10組中10組全ての方が「傘を持っていかない」と答えたのに対し、同じ質問を気象予報士の方々にぶつけると、全員が「傘を持っていく(折りたたみ傘を含む)」と答えたんです!どうしてこんなにも意見が分かれるのでしょう?「おはよう日本」で休日の気象情報を担当している南利幸予報士によると、「降水確率30%は、雨が降る可能性としてかなり高い。1年を通して雨が降る日数から割り出した確率を上回る。例え話としては、野球の3割バッターがヒットを打つのと同じくらいと考えると結構降りそうでしょ?」とのこと。さらに、一般の方からの声でもう1つ気になることがありました。「30%くらいの降水確率だと、降ったとしても弱い雨だろう」と推測される方もいましたが、それは勘違い。降水確率は「1mm以上の雨が降る確率」なので、1mm/hの弱い雨も30mm/hの強い雨も、降水確率にとっては同じ雨。低い確率でも大雨になる可能性も十分考えられるので、「降水確率30%でも傘を持参する」ことをオススメします!

[一般人10組中全ての人が『降水確率30%では傘を持っていかない』と回答!]

02

“ニセ天気予報”でドッキリ実験!お天気マークの意外な弱点とは?

天気予報に欠かせないのが“一目でわかるお天気マーク”。とってもありがたい存在なのですが、そのわかりやすさが逆にあだとなる場合も…。それを明らかにするため、番組である実験を行いました。見た目は全国的に晴れマークの天気予報なのですが、予報士さんのコメントでは「雨が降る」と言っているという、「見た目と言っていることが正反対の“ニセ天気予報”」を作成、一般の人にその映像を見てもらいました。すると、ほとんどの人が「天気は晴れ」だと答え、多くの人が、予報士さんの話を聞いていないことが判明しました。実はこれ、ちょっと問題かもしれないんです。というのも、「お天気マーク」は一目でわかるように単純化する必要があるため、どうしても「抜け落ちてしまう気象情報」があります。例えば、「ところにより雨」という聞き慣れた予報。この予報は、「対象となる地域の50%未満の範囲で雨が降る」という意味で、半分以上の地域では雨が降らない予報となります。そのため、地域全体のマークは「雨」ではなく「曇り」になるんです。お天気マークだけでわかったつもりになっていると、せっかくの予報を受け取れきれていないかも!

[マークと予報士さんのコメントが真逆のニセ天気予報]

[ニセ天気予報に気づかない被験者さん]

03

天気予報は“見る”だけじゃなく“聞く”べし

そこで登場するのが『気象予報士』のみなさん。予報士さんの話をちゃんと聞くと、マークにはない気象情報をきちんと解説してくれています。それだけではありません。最低気温や降水確率など、実感の湧きにくい気象情報を、「寒くなってきたので、そろそろコタツを出した方がいいですよ」とか、「午後から夕方にかけて強い雨が降るので、大きめの傘を持ってお出かけください」など、生活にあわせたアドバイスに変換してくれているんです。
気象予報士さんのコメントには、大事な情報がいっぱいで、特に台風や大雪などの深刻な天気が予想されるときには、命に関わるものだってあります。
そんな重要な情報を聞いてもらうために、南気象予報士は、深刻なお天気ではない時には「ダジャレ」を言うことで、ふだんから自分の話を聞いてもらうよう工夫をしているんだとか。ぜひ一度、予報士さんの声に耳を傾けてみてください!

[南気象予報士のトレードマーク『ダジャレ』]

04

コロコロ天気予報が変わるワケ 予報は“外出の直前”にチェック!

最近では、天気予報をスマホで見るという人も多いのではないでしょうか?天気予報はよりピンポイントに、より細かい時間間隔で見られるようになりました。しかし一方で、ある悩みを抱える人が増えています。それは、『天気予報がコロコロ変わる』というもの。
週間天気を見ると、一週間先の天気予報が晴れだったのに、いつの間にか雨になっていた…なんて経験ありませんか?でも、これは天気予報の技術が高まったからこそ起きているんです。天気予報は、予報する日時が現在と近くなればなるほど正確になるのですが、その精度は年々高まっています。つまり、ギリギリまで正確な情報を提供しようという努力の裏返しでもあるんです。大事な用事があるときには、出かける前に最新の天気予報をチェックすることをオススメします!

[予報見るタイミングアンケート]