2018年10月2日(火)

地道な基礎研究 積み重ね…

桑子
「ノーベル医学・生理学賞の受賞者に選ばれた本庶佑さん。
50年以上の研究人生で大切にしてきたのは、地道な基礎研究を積み重ねていく、その姿勢でした。」

ノーベル賞 本庶佑さん 基礎研究から画期的な成果

本庶さんが、自身の研究姿勢について語った30年近く前のインタビューがNHKに残されていました。

京都大学特別教授 本庶佑さん(平成元年放送)
「私たちのような基礎医学という、直接患者さんをみない立場の医学の研究者もいる。
長い目で見て人の病気につなげたい。
そういうことに貢献したい気持ちは常に持っている。」

その時、色紙に書いた言葉は「何が知りたいか」。

京都大学特別教授 本庶佑さん(平成元年放送)
「一番大事なことは、自分が本当に何を知りたいか、いつも意識している。
『何ができるかということに逃げないでおこう』。
私自身、自戒の言葉として持っている。」

「何が知りたいか」。
長年、基礎研究を続けた本庶さん。
その姿勢が世紀の発見につながったのです。
その発見とは…。

私たちの体に入ってきたウイルスなどを攻撃する「免疫細胞」。
しかし「がん」に対しては、攻撃することは出来ません。
本庶さんは、その原因を発見。

免疫細胞にブレーキをかける「PD−1」というスイッチがあり、がん細胞が、それを利用して攻撃を回避していることを突き止めたのです。

かつて、本庶さんの助手を務めた石田靖雅さんです。
当時本庶さんとともに「PDー1」を発見。
しかしその後、自らは留学のため、研究から離れました。

奈良先端科学技術大学院大学 石田靖雅准教授
「本庶先生としては、私が残した『PDー1』の研究をやめてしまうこともできた。
しかし、それをやめなかったのは、『やっぱり何かやっているのでは』という勘が働いたと思う。
おもしろいものを見つけたあとも、そのターゲットを追い続ける、最後まで追究する、ものすごいパワーを持っているのが本庶先生。」

その後、本庶さんは、「PD−1」の機能は「必ずがんの治療薬になる」と確信し、実用化を目指しますが、大きな壁が立ちはだかりました。

本庶さんのもとで研究にあたった岩井佳子さんです。
国内の製薬企業は、本庶さんの提案に二の足を踏んでいたと言います。

日本医科大学大学院 岩井佳子教授
「免疫療法でがんが治るなんて、ほとんど誰も、医者もたぶん信じていない。
そういう時代だったので、興味を持ってもらえる企業がほとんどなかった。」

その後、本庶さんは海外の企業にも相談するなど行動。
最終的に、新たな治療薬「オプジーボ」を製造・販売する製薬会社との研究開発にこぎつけました。

日本医科大学大学院 岩井佳子さん
「普通の人なら落ち込んで諦めてしまうかもしれないところを、先生は本当に諦めないで、粘り強く、なんとか薬が実現するような方法がないかをとても考えていて、だからこそ、あの薬が世に出たのではないか。」

“オプジーボ”使用の患者は

国内でこれまで2万5,000人以上に使われている「オプジーボ」。

治療を受けている、佐藤喜代志さんです。
去年(2017年)6月、肺がんと喉頭がんと診断されました。

佐藤さんの妻
「死んじゃうのかなと思った。
治療法がなく、手術もできない。
“じゃあ、どうすればいいの?”という感じ。」

しかし、今年(2018年)1月から「オプジーボ」の投与を開始。
がんの腫瘍は小さくなり、現在は3週間に1度、投与を受けながら、毎朝ラジオ体操をしたり、趣味の登山に出かけたりすることが出来るようになっています。

佐藤喜代志さん
「本当に信じられないくらいの薬です。
夢のようですよ、本当。」

“基礎研究の大切さ”訴え

世紀の発見をした本庶さん。
強調したのが、基礎研究の大切さです。

京都大学特別教授 本庶佑さん
「基礎研究というのは一般に地味で、直接患者の治療するわけでもない。
しかし、基礎研究を通じて、それが役に立った場合は何百万人という人に恩恵が出るし、そういう意味では、基礎研究というのは私はすばらしいことだと思う。」

基礎研究の重要性。
実は、近年のノーベル賞受賞者の多くが、その基礎研究に対して危機感を訴えているのです。

京都大学 山中伸弥教授
「基礎研究が軽視される傾向も少しあるかと危惧している。」

多くの研究者が危機感を表す背景にあるのは、日本の研究者が置かれている現状です。

日本の研究開発費の推移です。
アメリカや中国が軒並み研究開発費を増やす中、日本は横ばい傾向ののち、ここ2年は連続して減少しています。

こちらは、研究論文の引用数の順位。
2003年からの3年間の平均は世界で4位でしたが、10年後、9位まで順位を下げました。
一昨年(2016年)ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典さんは、今の研究の現場の環境に、強く危機感を感じています。

東京工業大学栄誉教授 大隅良典さん
「われわれの時代は、役に立たないことをやることこそ尊いというくらいのことが言えた時代。
(今は)悲しいかな、現実に研究費をもらおうと思ったら、『これは何に役に立ちます』って書かないといけない。
短期的に業績あげないと次が踏めないという恐れの中でしか研究者がいられない。」

研究者を目指す若者が減り続けている日本。
長期的な視野にたって支援していかなければ、将来はないと警告します。

東京工業大学栄誉教授 大隅良典さん
「若い人が必ず成功することを求められたら、『研究者やめておこうか』というのが当たり前のチョイス(選択)になる。
1年後2年後じゃなくて、5年後10年後20年後の人間社会を考えてみるということが、本当は現代人にとって問われている問題じゃないか。」

桑子
「目先の結果だけではなくて、長い目でも考える。
これは研究に限らない、大事なメッセージだなと思いました。」

Page Top