2019年9月10日(火)

テストは本当に公平か?

桑子
「今、大学の入試をめぐって高校生たちに不安がひろがっています。」

有馬
「それが『大学入学共通テスト』。
現在のセンター試験に代わり、来年度から始まるものです。
中でも大きく変わるのが、『英語』です。
『民間の試験』を導入することになり、公正公平を保てるのかと疑問の声が上がっているのです。」

英語「民間試験」に不安の声

桑子
「導入される民間の試験は、英検やTOEFLなど7つあります。
受験生はこの中から、希望する試験を選んで受験します。
別々の試験ですから、出題の中身も採点方法も異なりますが、今度の共通テストでは多くの大学で『一律の基準』で評価しようとしているんです。
どうなるのか、具体的に見ていきますと…。

英検は『3級」や『準2級』など、このようになっています。
ケンブリッジ英語検定は、『キー』『プリミナリティ』『ファースト』などと、試験のレベルが分かれています。
これを共通の基準にあてはめると、『A1』『A2』『B2』など6段階になるのです。
例えば、ある大学が『うちはC1以上を合格基準とします』とします。
受験生は、英検を受ける場合は、合格するためには一番難しい1級を受けて一定のレベルをクリアしないと合格できません。
ただ、もしケンブリッジ英語検定を受けるとなりますと、この3つの試験のいずれかで一定の基準をクリアすれば、合格するチャンスがあります。
つまり、下のレベルから3番目の試験でも、一定のレベルをクリアすれば合格のチャンスはあるということになるのです。」

有馬
「しかし、出題内容も採点方法もまったく違う試験を、このように同じ基準にあてはめることには異論の声も上がっています。
教育現場から『待った』の声が上がりました。」

英語「民間試験」の導入 校長たちが異例の要望

「よろしくお願いします。」

きょう(10日)、高校の校長たちが文部科学省に異例の申し入れを行いました。
それは、英語の民間試験導入の延期と見直しです。

全国高等学校長協会 萩原聡会長
「このまま、制度的に続けて行くのは難しい。
無理ではないか。
今、この時点で立ち止まって考えないと、さらに大きな問題になる。

99%の高校が不安

これは、高校の校長でつくる団体が、470校の高校に行ったアンケートです。
99%の高校が、試験の実施に「不安が大いにある」「少しある」と回答。
69%が試験の実施を「延期すべき」と回答したのです。

浮き彫りになる格差

アンケートからは、別の課題も浮かび上がってきました。
都市部と地方の高校の「格差」です。

北海道稚内高校。
「民間試験」の会場はまだどこになるか、わからないといいます。
もし稚内市内に設けられないと、札幌まで往復およそ10時間以上かけて試験を受けに行かなくてはなりません。
列車代だけで、およそ2万円。
宿泊代も重なると、経済的な負担も大きくなります。

北海道稚内高校 元紺谷尊広校長
「厳しい、でもやらざるを得ない。
子どもたちに、とにかく不安なく安心して受験できるようにすることが、学校の務め。」

噴出する疑問の声

国は、英語の民間試験導入の検討を、5年前の平成26年から行ってきました。
この間、現場から不安や反発の声が何度も上がりましたが、方針が変更されることはなく、導入を進めてきました。
こうした中、先月(8月)波紋を呼んだのが、柴山文部科学大臣のこのツイート。

“サイレントマジョリティは賛成です。”

つまり、多くの人たちは入試改革に賛成していると発信したのです。
これに対して、反対意見が殺到しました。

“サイレントでごめんなさい。
まさか賛成だと思われていたとは…。
大反対です。”

“制度変更を不安に思っていない受験生などほとんどいません。”

柴山大臣のツイートに違和感を感じた1人。
新たな試験で受験することになる、沖縄県の高校2年生です。

高校2年生
「(ツイッターでの)根拠のない発言と、新しい試験を強行する姿勢に怒りを感じた。」

インターネット上で見直しを求める署名活動を始めると、2週間余りで1,000人を超える賛同の意見が集まりました。
ツイートに多くの反対意見が寄せられたことについて、柴山大臣は…。

柴山文部科学相
「(政策における)統計ですとかそういうことも踏まえて、慎重にそういった意見ももちろん参考にはしますが、決定をしている。」

延期の指摘 専門家からも

一連の動きに、大学入試に詳しい専門家からも試験を延期すべきだという指摘が上がっています。

東北大学 荒井克弘名誉教授
「受験生が安心して安全に受験できるということ。
絶対に、受験者を犠牲にしてはならない。
強引に実施すればよいということではなく、延期したうえで、いろんな可能性について知恵を集める・検討を進めることが必要。」

有馬
「学校の99%が不安を感じている。
そんなアンケートの結果が出ている中では、ちょっと進め方が乱暴な感じがありますね。」

桑子
「大学入試って、人生の大きな分岐点の一つですよね。
民間試験を導入するのであれば、少しでも不安がないようにして欲しいと思います。」

Page Top