2
有馬 「ご覧いただいているのはホワイトハウス。 その主はいったい誰になるのでしょうか。 8か月後に迫った大統領選挙に注目します。」 桑子 「アメリカはあす(3日)、その大統領選挙に向けた大きなヤマ場、スーパーチューズデーを迎えます。 再選を …続きを見る
3
有馬 「新型コロナウイルスについて、暮らしや生業の現場からは、解決は現場任せかという戸惑いや不満の声が上がっています。 特に切実なのは、『ウイルス検査を受けられない』という不安の声です。」 桑子 「国は『検査体制を拡充している』としています …続きを見る
4
有馬 「今回の危機、衝撃の大きさや広がりが似通っていると12年前のリーマンショックと比べて語られることが多くなってきたように思います。 実は、そのあおりを真っ先に受けている人たちもあのときと同じなのです。」 桑子 「救済の手がなかなか届かな …続きを見る
5
ふるさとへの道をさえぎっていたゲートが9年ぶりに開かれました。 福島第一原発が立地する大熊町と双葉町で一部の避難指示が解除。 自由に立ち入ることができるようになりました。 双葉町 伊澤史朗町長 「復興・復旧への歩みを今後も着実に進めていく。 …続きを見る
6
桑子 「震災からまもなく9年の岩手県釜石市。 復旧工事が進み、防潮堤はほぼ完成しました。 この釜石で、自宅の再建を進めている鈴木堅一さんです。 NHKでは震災直後から、鈴木さんを取材してきました。 有馬 「『家族と暮らしてきた場所にもう一度 …続きを見る
9
桑子 「東日本大震災からまもなく9年となるのを前に、新たな証言です。 811人が津波の犠牲となった宮城県南三陸町です。 この町の消防署では被災地で最も多い8人が殉職しましたが、これまでその詳細は明らかになってきませんでした。」 有馬 「仲間 …続きを見る
10
桑子 「東京電力福島第一原発で、世界最悪レベルの原発事故が発生してから、あす(11日)で9年です。 今も廃炉に向けた作業が続いています。」 有馬 「ことし(2020年)、喫緊の課題とされるのが、敷地のタンクにたまり続ける放射性物質を含んだ『 …続きを見る
11
有馬 「今回、NHKは、被災地にどんな課題が残されているのかを探ろうとアンケート調査を行いました。 被災者およそ2,000人に『住まい』や『家計』など12の項目について、復旧・復興を実感できていますか、と聞いたんです。」 星 「その回答を元 …続きを見る
16
桑子 「主要国の中央銀行が一致して危機にのぞむ異例の事態。 日銀も、3年半ぶりに金融緩和に踏み切りました。 有馬 「しかし、東京市場に続いてアジア、ヨーロッパでも株安は止まりません。 国際協調でコロナショックを抑えることはできるのでしょうか …続きを見る
17
桑子 「感染の拡大が止まらない新型コロナウイルス。 主要国のリーダーが相次いで国民に向けメッセージを発し、危機感をあらわにしました。」 有馬 「フランスのマクロン大統領はこうです。 『我々は戦争のさなかにある』 こう訴えて、フランス全土で外 …続きを見る
18
有馬 「また大きな方針が示されました。 日本からのすべての海外渡航に、延期の検討などが呼びかけられることになりました。」 桑子 「そして世界では、すべての海外渡航を禁止する国も出てきています。」 …続きを見る
20
有馬 「けさの東京・霞ケ関駅です。 地下鉄サリン事件から25年のきょう(20日)、遺族たちが献花に訪れました。」 桑子 「事件で夫を亡くした後、被害者や遺族の先頭に立って支援の充実を訴えてきた高橋シズヱさん。 節目のことし(2020年)、2 …続きを見る
23
桑子 「感染の拡大はこうした人たちにも暗い影を落としています。 劇団や俳優など舞台芸術の担い手たちです。」 有馬 「演劇文化そのものの危機だと訴える声も上がり始めています。」 …続きを見る
24
桑子 「きょう(24日)文部科学省が新学期からの学校再開に向けたガイドラインを発表しました。 その一部を見ますと…。」 ・毎朝検温する ・近距離の会話・発声ではマスクを使用する ・換気の徹底 有馬 「集団感染を起こさないということですね。 …続きを見る
25
桑子 「この突然の延期決定。 舞台裏では何があったのか。 IOCのバッハ会長がNHKの独占インタビューに応じました。」 …続きを見る
26
桑子 「今週、福島に到着し、多くの人の出迎えを受けた聖火。 きょうは本来は聖火リレースタートの日でした。 『復興五輪』を掲げて来年行われる東京オリンピック・パラリンピックは震災から10年の、まさに節目の年に行われることになります。」 有馬 …続きを見る
27
桑子 「手ごわいウイルスに、私たちはどう立ち向かっていけばいいのか。 そのヒントを求めてきょう(27日)、この方に話を聞きました。 京都大学の山中伸弥教授です。 いま多くの人に伝えたいという、強い思いを語ってくれました。」 …続きを見る
Page Top